裏切らない「一級品」 湯谷昇羊/私の名作ブックレビュー【書評】

文芸・マンガ

 ジェフリー・アーチャーは1969年、最年少議員として下院に登場するが、投資に失敗して無一文に。作家となった後、上院議員に復帰、スキャンダルで辞任、偽証罪で服役、と話題の多い作家である。

 政治家としても実力はあったのだろうが、それより作家として超一流である。彼の作品は、経験に基づいたものも多く、英国を中心とした貴族(本人が一代貴族・男爵)、政治、銀行、ホテル、百貨店、刑務所などの制度や仕組みがよく理解できるし、何よりその裏側を覗き見ることができるので、単なる娯楽としてだけでなく知的好奇心もくすぐる。

...

記事全文を読む