キッチュなガウディから遠く離れて/『気になるガウディ』

アート

 私の母校である早稲田大学には、ガウディを初めて日本に紹介した今井兼次先生がいらしたし、今でもガウディ研究者として知られる建築家の入江正之が教鞭をとっている。私も学生時代に入江先生のレクチャーに触発されてバルセロナを旅した。カタロニアの気さくな雰囲気をすぐに気に入ったし、ガウディの建築を見て回り、たくさんのスケッチも描いた。カサ・ミラの屋上から遠方にアイ・ストップとして綺麗にサグラダ・ファミリアが見えたのが印象深い。自作による実に見事な借景だ。しかし最も感動したのは、コロニア・グエルと言わざるを得ない。

...

記事全文を読む