デイリー新潮

エンタメ

「高倉健」三回忌、養女が“終の住処”に大豪邸を建築 遺族との調停つづく

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 苦境にあってひたすら耐える「我慢の美学」で銀幕を彩ってきたのが、健さんこと高倉健(享年83)である。11月10日には早や三回忌を迎えるのだが、遺された者たちの織りなす人間模様を眺め、あるいは草葉の陰で背中を震わせているやも知れないのだ。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年11月10日神帰月増大号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事