デイリー新潮

国内

“豊洲の魚は危ない”キャンペーンで何が起きるか

現在発売中

  • 勝手に出家「清水富美加」が不幸にした人 「幸福の科学」信者1200万人なのになぜ落選?
  • 「わずか5カ月で偏差値70突破!一流中学を総ナメにした「芦田愛菜」のNN勉強法
  • 「石原慎太郎」独占インタビュー70分!「小池百合子は総理の器にあらず」

週刊新潮 2017年2月23日号 
2017/2/16発売

ネット書店で購入する

 すべての鮮魚の輸送路は築地に通ず。その盛況ぶりは移転先の新市場でも再現できるのか。「豊洲の汚染された魚を食べさせるつもり?」――。目下、東京都には主婦からのこうした非難の声が殺到しているという。連日連夜、新聞、テレビが土壌汚染の危機を煽るのだから、無理もあるまい。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月6日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事