デイリー新潮

国内

“豊洲の魚は危ない”キャンペーンで何が起きるか

現在発売中

  • 塀の中で還暦「ASKA」壊れた脳の妄想と幻覚ガイド
  • 「平壌にラーメン屋」と旅立った「藤本健二」から便りがない!
  • 「アンチエイジング」第一人者が語る健康不老の最先端

週刊新潮 2016年12月8日号 
2016/12/1発売

ネット書店で購入する

 すべての鮮魚の輸送路は築地に通ず。その盛況ぶりは移転先の新市場でも再現できるのか。「豊洲の汚染された魚を食べさせるつもり?」――。目下、東京都には主婦からのこうした非難の声が殺到しているという。連日連夜、新聞、テレビが土壌汚染の危機を煽るのだから、無理もあるまい。...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年10月6日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事