もう一つの教科書問題 名作小説採択の裏側

「ネットで炎上が起きやすい理由」を脳の専門家が読み解く

あまちゃん、大吉とユイが見た衝撃の景色連載

江戸文化の裏面を照らし出した労作 『江戸の色道―古川柳から覗く男色の世界―』

「真夏の日のテロル」の語られざる側面/『実録 相沢事件』

先人たちの思索と真摯に格闘する/『ナショナリズムの復権』

浮かび上がる破格な人間像/『宅間守 精神鑑定書』

日中の近代史を書き換える試み/『真実の満洲史【1894-1956】』

歴史に埋もれた声なき声 夏野剛/私の名作ブックレビュー【書評】

「あってはならぬもの」の世界/『漂白される社会』

闇社会の金を巡る行動原理/『大阪府警暴力団担当刑事―「祝井十吾」の事件簿―』

元信者による赤裸々な報告/『ドアの向こうのカルト』

私たち日本人は「地球で一番危険な場所」に住み続けている―地震と噴火は必ず起こる

「地震と噴火は必ず起こる」―大変動列島に住むということ―

「地球のからくり」に挑む/ようこそ、人類史の裏街道へ 大河内直彦