7月「日銀会合」に向け「変動金利」上昇のカウントダウン それでも「ネット銀行」の金利引き上げが一筋縄ではいかない理由

ビジネス

  • ブックマーク

 7月31日に控える日銀政策決定会合に向け、少しずつマーケットが利上げを織り込み始めている。特に長期金利に連動する住宅ローンの「10年固定金利」の適用金利は1.58%、「フラット35」は1.84%と、高止まりが続いている。一方、短期金利に連動する「変動金利」では0.38%と低位で安定しているが、今後の行方は“日銀次第”としか言いようがない状況だ。

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。