ポスト岸田に急浮上した「小林鷹之氏」って何者? “ほぼ無名”でも麻生氏が目を付けた納得の理由

国内 政治

  • ブックマーク

 関東甲信が梅雨入りした6月21日、150日にわたる通常国会が事実上閉幕。岸田文雄総理が“火の玉”となって取り組んだ政治資金規正法の改正や、定額減税も国民から総スカン。自民党内からは、公然と総理の退陣を求める声が出始めた。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。