61歳で保育士の資格を取るために専門学校へ、63歳で保育園に就職…元パ・リーグ首位打者(65)が明かす第二の人生「コツコツやるのは得意です」

  • ブックマーク

 ノンフィクションライター・長谷川晶一氏が、異業種の世界に飛び込み、新たな人生をスタートさせた元プロ野球選手の現在の姿を描く連載「異業種で生きる元プロ野球選手たち」。第12回はロッテオリオンズなどで活躍した高沢秀昭さん(65)です。前編では現役時代の思い出や伝説の「10・19」ロッテvs近鉄戦について伺いました。高沢さんは現在、社会福祉法人どろんこ会が運営する「大豆戸どろんこ保育園」で保育士として働いています。プロ野球選手からなぜ保育士へ? じっくりとその理由を聞きました。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。