中村剛也(40)「500本塁打未達」でも名球会入りに障害なし 上原、藤川に遜色ない“特例入会”の資格とは

スポーツ 野球

  • ブックマーク

飛ばないボールでこそ“アーチスト”の本領

 プロ野球西武の中村剛也内野手(40)が5月7日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で今季5号を放って通算476本塁打とし、歴代10位の「鉄人」金本知憲(元広島、阪神)に並んだ。平成、令和にわたって活躍する「アーチスト」。13日現在で通算1790安打と2000安打には遠いものの、869本塁打の王貞治(元巨人)を筆頭にNPBで過去8人しか達成していない500本塁打の大記録を射程に捉えている。かねて特例での名球会入りを望む声が上がっていた中、今季あるレジェンドの記録を超えたことで、特例適用に障害がなくなったとみる向きが多くなっている。...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。