羽生結弦がメディア戦略でつまずいた「ずんだ餅」のトラウマとは

スポーツ 野球

  • ブックマーク

 同じ年生まれの国民的スターとして常に注目を浴び続ける大谷翔平と羽生結弦。好感度も極めて高い二人だったが、羽生に関しては否定的なコメントも見られるようになってしまった。一方で、今のところ大谷は情報発信でもパーフェクトゲームに近い状況を生み出せている。前編では専門家に、その違いをマーケティング戦略の視点から分析してもらったが、後編では羽生のナイーブさゆえの同情すべきエピソードからご紹介しよう。【前後編の後編】

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。