女性問題で失脚した「若新雄純氏」の会社に立憲民主党が3年間で780万円を支払っていた

国内 社会

  • ブックマーク

 慶応大学の特任准教授やワイドショーのコメンテーターなどを務めていた若新雄純氏が経営する会社に、少なくとも2019年からの3年間、立憲民主党が「企画・運営支援費」などの名目で合計約780万円を支払っていたことが、2月10日までにデイリー新潮の取材で分かった。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement