【阪神・オリックス優勝】「2位と5ゲーム以上の差ならCSは開催すべきではない」タイガースOBの持論に賛否 改めて聞くその根拠

スポーツ 野球

  • ブックマーク

Advertisement

 関西球団セパVは59年ぶり2度目──まずはセ・リーグ、阪神の優勝から振り返ろう。「“アレ”という言葉はリーグ優勝を狙うときに決めたので、CS(クライマックスシリーズ)や日本シリーズのことは考えてなかったんですよね。何か代わりになるいい言葉があれば教えてください」──阪神の岡田彰布監督がファンに優勝インタビューで呼びかけると、超満員の甲子園球場に大きな歓声が起きた。

 ***

 9月14日、阪神は巨人を4対3で下し、18年ぶり6回目のリーグ優勝を達成した。岡田監督が胴上げされた時点で、2位の広島とは13ゲーム差、3位のDeNAとは16ゲーム差がついていた。

 今季の阪神はとにかく強かった。何しろ、優勝を決めた試合で11連勝を達成し、9月14日でのリーグ制覇は球団史上最速。にもかかわらず、これから阪神はCSを戦わなければならない。場合によっては日本シリーズに進めない可能性もあるわけで、果たして阪神ファンはCSの開催に納得しているのだろうか。

 パ・リーグのペナントレースもオリックスの独走だった。9月20日、オリックスはロッテを6対2で下し、3年連続のリーグ優勝を果たした。中嶋聡監督が5度、宙を舞った時、2位のロッテとは14・5ゲーム、3位のソフトバンクとは16・5ゲームの大差がついた。もし今季の日本シリーズが阪神とオリックスで戦われなかったとしたら、釈然としない野球ファンも少なくないはずだ。

 実は今季のCS開催に問題提起を行った阪神OBがいた。デイリースポーツ(電子版)は8月29日、「広沢克実氏 大差優勝時はCS取りやめるべき『泣くに泣けない』『これで広島が日本シリーズに出たらどう思います?』」との記事を配信した。

ポストシーズンの必要性

 阪神OBの広澤克実氏は8月29日、サンテレビが中継した阪神対DeNA戦で解説を担当。阪神のリーグ優勝を前提とした上で、「これで日本シリーズに広島が出たらどう思います? ずっと前から言ってることですけど。泣くに泣けないでしょ」と指摘。優勝時に2位のチームと5ゲーム以上の差があれば、CSは開催すべきではないとの見解を示した。

 この記事がYAHOO!ニュースに転載されると、大きな反響を呼んだ。コメント欄への書き込みは2700件を超え、「OBが阪神に忖度した意見」、「CSを批判するなら開幕前に言うべき」、「CSの開催でチームが得る利益を考えると、現実的な意見ではない」といった批判が殺到、炎上と言ってもいい状態になった。

 だが、ペナントレースは阪神とオリックスが共に2位と3位に大差を付けて優勝という結果になった。改めて広澤氏に取材を依頼し、CSの問題点について持論を聞いた。

「私はポストシーズンそのものに反対しているわけではありません。MLB(メジャーリーグ)のポストシーズンは魅力的だと思います。アメリカではアメフトやバスケットでもポストシーズンが実施され、ファンも支持しています。日本のプロ野球もポストシーズンを実施することは大賛成ですが、CSの制度はいくら何でも問題が多すぎます。そもそも実施すべきではないのです」

次ページ:下剋上の問題

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]