共産党のダブルスタンダード 「党首公選」を主張した1人は除名、1人はスルー

国内 政治

  • ブックマーク

最も重い除名処分

「党首公選」を主張して『シン・日本共産党宣言 ヒラ党員が党首公選を求め立候補する理由』(文春新書)を上梓した松竹伸幸氏(68)の”粛清“問題がいまだに尾を引いている。...

記事全文を読む

Advertisement