エ軍売却中止でWBC日本代表のV奪回に“暗雲”のワケ 「クローザー大谷」の栗山采配に“待った”?

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「二刀流」の去就にも影響は必至

 米大リーグ、エンゼルスが1月23日に球団売却交渉を中止すると発表した。身売りに向けた手続きに入ると発表した昨年8月からおよそ5ヵ月。180度方針転換となり、にわかに今オフにフリーエージェント(FA)になる大谷翔平(28)の周辺が騒がしくなった。エンゼルスはオーナーが代わらないとなれば、勝利に飢えているとされる「二刀流」の去就の判断への影響は必至の情勢だ。【木嶋昇(きじま・のぼる)/野球ジャーナリスト】...

記事全文を読む