藤浪晋太郎は「メジャー断念」の危機も…米移籍を目指す選手への“厳しすぎる評価”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

苦戦が続く日本人メジャーリーガー

 各球団の秋季キャンプも終わり、本格的にオフとなったプロ野球。ストーブリーグは、近藤健介(日本ハム)の去就が12月1日現在では不透明だが、それ以外の国内FA選手は契約がまとまり、大きなイベントは9日の現役ドラフトを残すのみとなった。そうなると、今後注目を集めるのがメジャー移籍を目指す選手の動向だ。山崎康晃(DeNA)はチーム残留を決めたものの、千賀滉大(ソフトバンク)が海外FA、吉田正尚(オリックス)と藤浪晋太郎(阪神)がポスティングシステムでの移籍を目指すと報じられており、これから移籍先を決めることとなる。...

記事全文を読む