「高1のとき相手の3年生に殴りかかり退場」 森保監督の実父が語る知られざる素顔

スポーツ

  • ブックマーク

 ドイツ戦の「ドーハの歓喜」で、采配も力も神業のようにたたえられた森保ジャパン。それがコスタリカに敗れると、手のひらを返して酷評される。そんな天国と地獄を同時に味わう場がW杯なのだろう。そこに挑んだ監督の実像については、実父が語ってくれた。

 ***...

記事全文を読む