「舌を切り取り、その身を吊るして……」 源頼朝の曾祖父がおこなった「残忍な刑」のすさまじい中身

国内 社会

  • ブックマーク

 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、冷酷なリアリストとして描かれながらも、源氏の嫡男として「育ちの良さ」も感じさせた源頼朝。しかし、その曾祖父にあたる源義家(よしいえ)は、身内からも恐れられるほどの「野蛮な荒くれ者」だったという。

...

記事全文を読む