日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実

国際

  • ブックマーク

 会議を何度も積み重ねて、慎重に検討したはずなのに、後になって「どうして、こんなバカげた決断をしてしまったのか」と後悔する――そんな経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 80年前に決断された日米開戦は、まさにその典型例でしょう。歴史学者の森山優氏は、著書『日本はなぜ開戦に踏み切ったか 「両論併記」と「非決定」』において、日本の組織によくみられる意思決定システムの致命的欠陥を鋭く指摘しています。

支離滅裂な「国策」の文面

 第二次近衛内閣が組閣されて以降、開戦までざっと数えて10件以上の「国策」が決定されています。...

記事全文を読む