石破茂「医療は公的インフラ。緊急時に対応できる医療法に改正すべき」パンデミックの繰り返しが予想される21世紀の医療体制を提言

  • ブックマーク

 感染爆発、医療崩壊が連日伝えられていたのが嘘のように、新型コロナウイルスの検査陽性者数は激減。それに伴い、テレビのワイドショーもすっかりトーンも内容も変わってしまった。もちろん政治家もメディアも「第6波」への警戒を弱めないように、といったメッセージは伝えているが、「本当にその視点だけでいいのか」と指摘するのは石破茂元自民党幹事長である。

 今のうちにやっておかなければ次の危機には対応できない、というのだ。

 石破茂の異論正論、第17回である。...

記事全文を読む