コリン・パウエルと共に「大きな合意」を喪くす分断のアメリカ

国際

2021年11月11日

  • ブックマーク

 さる11月5日、歴代の大統領が参列するなか、コリン・パウエル将軍の葬儀がワシントンの大聖堂で執り行われた。10月18日、パウエル将軍(享年84)が亡くなり、アメリカは国民的英雄を失った。COVID-19による合併症だった。

 生涯にわたって盟友だったリチャード・アーミテージ元国務副長官が別れの言葉を送った。大聖堂は稀代の英雄を失った悲しみに満ちつつも、その一生を讃える賞賛の思いも充満していた。しかし、それはまた、「失われたアメリカ」に思いを馳せる場でもあった。...

記事全文を読む