素材はいいのに迷走の連続「オリバーな犬」 名優を集めたオダジョーの人徳はすごいけど

吉田潮 TVふうーん録 エンタメ 芸能 週刊新潮 2021年10月14日号掲載

  • ブックマーク

 寒天やゼラチンは分量をそれなりに守らないとうまくいかない。豪華にしようと欲張って、酵素や酸味の多い果物を入れると固まらないし、焦って煮切らないと固まらないわダマができるわで。なんかそんな印象。オダギリジョーが脚本・演出・出演した「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」の話だ。タイトルからして過多。やりたいこと、撮りたい要素や構図、出てほしい役者、有り余るエネルギーと欲望が過多。その割にたった3話。ある部分はゆるすぎて固まらず、ある部分はダマになって口の中に残る。...

記事全文を読む