常識破りの「在庫を多く持つ経営」はなぜ強いか――中山哲也(トラスコ中山代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】

佐藤優 佐藤優の頂上対決 ビジネス 週刊新潮 2021年9月30日号掲載

  • ブックマーク

「在庫」を少なくして商品の回転率を上げるのは、コスト管理の定石である。だが、「在庫こそ成長の源泉」として、膨大な在庫を持ち、業績を伸ばしている会社がある。機械工具卸のトラスコ中山だ。その発想はいかに生まれたのか。次々に新サービスも展開する2代目社長の独創経営。

 ***...

記事全文を読む