吉田羊が語る「シェイクスピア劇への挑戦」 キャストは女性だけ、違和感を覚えた「俺」という一人称

エンタメ 週刊新潮 2021年9月23日号掲載

  • ブックマーク

 舞台芸術の世界で“難物”と呼ばれるシェイクスピア作品。10月10日に初日を迎える「ジュリアス・シーザー」は、出演者が全員女性という異色の取り組みで、主人公のブルータス役を演じるのは吉田羊だ。...

記事全文を読む