公明党代議士事務所にガサ入れ……不正融資のキーマンが残した“番付表”に元総理の名

国内 政治 2021年8月27日掲載

  • ブックマーク

 秋の衆院選を目前に控え、自民党が支持率を落とす一方で、連立を組む公明党は激震に襲われている。8月4日、同党の吉田信宏、太田昌孝、両衆院議員の議員会館事務所に東京地検特捜部がガサ入れを行ったためだ。両議員の秘書に貸金業法違反の疑いがかけられているというが、同党の石井啓一幹事長は「ガイドラインの策定をして明確にしていきたい」と述べるのみ。事件のカギを握ると言われるキーマンがかつて公表した怪しげな“番付表”には、今年2月に辞職した公明党の遠山清彦・前財務副大臣や同党最高顧問の名まで明記されていて……。...

記事全文を読む