香港「リンゴ日報」廃刊――表現・言論の自由を求め続けたジミー・ライと記者たち

国際

  • ブックマーク

 中国化の風圧が強まる香港で、言論の自由を守る最後の砦と目されていた日刊紙「リンゴ日報」が、6月24日の朝刊を最後に廃刊した。昨年導入された国家安全維持法を盾に、当局によって編集・経営幹部を軒並み逮捕され、資産凍結でとどめを刺された形だ。

 同紙が過去の報道において、「一国二制度」を形骸化させる中国への圧力や制裁を国際社会に求めたことが、摘発の容疑とされた。この異常事態に、香港社会も世界も目を疑い、怒りに震えた。

 リンゴ日報は最後までジャーナリズムのプライドを捨てなかった。...

記事全文を読む

Advertisement