【ブックハンティング】「おすすめプレイリスト」を聴いていては、真の「音楽の民主化」は達成できない

国際 Foresight 2021年6月20日掲載

  • ブックマーク

  リモートワーク中心の巣ごもり生活が続き、自宅で音楽を聴く時間が増えた。CDを買いに出かける機会も減ったので、もっぱらApple Music、Spotifyといった音楽配信サービスを利用している。数年前にくらべて、クラシックの音源も驚異的なペースで増え、毎月リリースされる新譜はもちろん、ショップではもう手に入らない古い音源も、検索すればたちどころに見つかる。ユーザーの好みの曲を次々に自動再生してくれる機能もあるので、長時間集中して仕事をするときなどは、BGMとしてかけっぱなしにすることが多い。...

記事全文を読む