岡田将生と志尊淳による“BLホラー” 『さんかく窓の外側は夜』は意外な良作

エンタメ 映画

  • ブックマーク

現在公開中『さんかく窓の外側は夜』★★★★☆(星4つ)

 ひと昔前、新宿・歌舞伎の広場の真ん中に立ち辺りを見回すと、新宿プラザ、ジョイシネマ、ミラノ座といった映画館の看板が誘いかけてきたものである。(それぞれ2008年、09年、14年に閉館)。新宿トーア(こちらは09年に閉館)に視線を移すと『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』(2006)の看板の中で、セーラー服姿の松浦亜弥が桜の代紋が入ったヨーヨーを構え“おまんら、許さんぜよ!”とすごんでいた。

「あやや、麻宮サキになったんだ。監督は深作健太……う~む」などと言いながら、さして期待もせずにチケットを買い、映画館の闇に滑り込んでいく――そして何の気なしに見た映画が、意外な拾い物だったりしたのだ。...

記事全文を読む

Advertisement