巨人「菅野」と日ハム「西川」、メジャー再挑戦の不安要素 過去の例で検証すると

スポーツ 野球 2021年1月19日掲載

  • ブックマーク

 1995年に野茂英雄が海を渡ってからほぼ毎年のように日本人選手がメジャー・リーグに移籍しており、今年のオフも有原航平(前日本ハム)がレンジャーズに移籍することになった。その一方で、有原と同様にポスティングシステムでの移籍を目指していた菅野智之(巨人)と西川遥輝(日本ハム)は交渉がまとまらず、チーム残留となった。...

記事全文を読む