緊張高まる「サウジ・UAE関係」共通点と相違点

国際 Foresight 2020年12月14日掲載

  • ブックマーク

 OPEC(石油輸出国機構)とロシアなど非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」会合が12月3日、テレビ会議形式で開かれた。生産体制を巡る加盟国間の見解の相違が表面化し、そのせいで会合の日程が延期され、サウジアラビアのエネルギー相アブドルアジーズ・ビン・サルマーン(ABS)王子が「合同閣僚監視委員会」(JMMC)の共同議長を辞任すると表明するなど、当初の予想よりもドラマに満ちたものになった。これについては、別途書くつもりだ。

 また、ドナルド・トランプ米大統領が娘婿であるジャレッド・クシュナー上級顧問はじめ高官を(レームダック期間中であるにもかかわらず)「湾岸協力会議」(GCC:サウジ、クウェート、カタール、バーレーン、UAE=アラブ首長国連邦=、オマーン6カ国で構成)に送り込む、などということも起きている。...

記事全文を読む