セブンと法廷闘争、東大阪「時短オーナー」の今 「大工やウーバーやって生活してます」

国内 社会 2020年10月12日掲載

  • ブックマーク

 24時間営業をめぐって、セブン−イレブン東大阪南上小阪店のオーナーだった松本実敏さん(59)が本部とトラブルになったのは昨年2月のことだった。松本さんは「お客様からのクレームが多い」ことを理由に、昨年12月31日をもって契約解除され閉店に追い込まれた。一躍時の人となった松本さんの今を、フリージャーナリストの角田裕育氏が取材した。

 ***
...

記事全文を読む