八方塞がりの「文在寅大統領」 「菅首相」が取った緻密な「対韓」ポジション

国際 韓国・北朝鮮 2020年10月8日掲載

  • ブックマーク

条件をつけずに金正恩(朝鮮労働党)委員長と会う用意がある

 9月25日夜(日本時間26日午前)、動画メッセージを流す形式で行われた国連総会の一般討論演説で菅義偉首相は、拉致問題解決に触れ、「日本の新しい首相として、条件を付けずに金正恩(朝鮮労働党)委員長と会う用意がある」と発言。韓国メディアは「無条件」というコメントをタイトルに掲げ、トップニュースとして報じた。これは安倍晋三前首相の政策を維持すると同時に、「日本飛ばし」を望む韓国政府の期待に反する発言であったためだ。...

記事全文を読む