参院議員の父がダマし取った90億円 次男が「銀座」豪遊の日々を語る

国内 社会 2020年9月22日掲載

  • ブックマーク

国会議員の信用力と年利7%前後という高利率に2500人が殺到

 戦後の詐欺事件史の中でも特筆に値するのが、「オレンジ共済」事件である。現職の参院議員・友部達夫氏(故人)その人が、90億円を騙し取り、闇に葬ってしまったという、前代未聞の一件。当時、その金から7億円近くを銀座での豪遊などで蕩尽し、逮捕、実刑判決を受けた次男・百男氏(47)が昔を振り返った。(※「週刊新潮」2015年8月6日号掲載記事を再編集したものです)...

記事全文を読む