安倍政権の成長戦略「岩盤規制改革」を阻んだ「国家の怠慢」

国内 政治 Foresight 2020年9月11日掲載

  • ブックマーク

 安倍政権は、アベノミクスのスタート当初から、「第一の矢」(金融)と「第二の矢」(財政)は合格点だが、「第三の矢」(成長戦略)は落第、と言われ続けてきた。評価は覆らないまま、長期政権が終わった。

 成長戦略の一丁目一番地とされたのは、「岩盤規制」改革だった。

 当初の安倍晋三首相の意気込みは強かった。2014年のダボス会議では自ら「これから2年間で、ドリルですべての岩盤規制を砕く」と表明し、世界の注目を集めた。しかし、残念ながら成果は乏しかく、課題は新政権に積み残された。...

記事全文を読む