韓国では日本製品不買継続でも「半沢直樹」リベンジ劇が大ウケ

国際 韓国・北朝鮮 2020年8月30日掲載

  • ブックマーク

金融危機が起きた1997年以降、低成長時代を生きる若者に

 日韓関係を戦後最悪の状態までに突き進ませたと評されるのが、韓国による日本製品不買運動。しかし、歴とした日本のコンテンツであるドラマ「半沢直樹」を見ずに済ませるわけには行かないようだ。先進国である日本の成長過程に追随してきた韓国だからこそ、日本の金融事情を描いた「半沢直樹」のストーリーは共感を呼んでいる。中には、海賊版を利用してでもリアルタイムで視聴する熱心な(不届きな)視聴者も。表向きは反日を叫んではいても、韓国人にとって「半沢直樹」の復讐劇が痛快な理由を探った。...

記事全文を読む