大塚家具が上場廃止の猶予期間に突入 「久美子社長」が夢見るV字回復の見通し

ビジネス 企業・業界 2020年8月7日掲載

  • ブックマーク

 7月30日、大塚家具が有価証券報告書を東京証券取引所に提出した。デイリー新潮がかねてから報じていた通り、同社は4期連続の赤字、さらにキャッシュ・フローもマイナスである。そのため、東証も上場廃止の猶予期間に入ったことを発表したのだ。このままでは、再来年4月末には上場廃止になってしまう。ところが、大塚久美子社長(52)名義で、株主に対して発表したリリースは、例によって例のごとく……。

 ***...

記事全文を読む