「コロナ対策」は「温暖化対策」EUがつけた「天文学的予算」の狙い(上)

国内 政治 Foresight 2020年7月17日掲載

  • ブックマーク

 欧州連合(EU)とドイツは、コロナ危機に関する経済復興策を打ち出し、その中心に気候変動対策を据えた。背景には、地球温暖化に対する市民の強い危機感と、環境保護技術を経済成長の原動力にしようという戦略がある。

いわば「第2次マーシャル・プラン」

 欧州で過去6カ月に約20万人の命を奪ったパンデミックは、現在のところ、小康状態にある。欧州の新型コロナウイルスの感染者・死者の1日あたりの増加数は、米国や中南米諸国に比べると大幅に少なく、経済活動も徐々に再開されつつある。...

記事全文を読む