大塚家具が「ヤマダ家具」になる日 赤字77億円でも辞めない久美子社長の言い分

ビジネス 企業・業界 2020年7月1日掲載

  • ブックマーク

 6月24日、大塚家具の代表取締役会長にヤマダ電機の三嶋恒夫社長を内定したと発表した。取締役にもヤマダから3人を迎え入れるという。大塚家具がヤマダ家具になる布石と見る向きは多い。なにせ、6月19日に発表された、20年4月期の単独決算では77億円の赤字である。これは大塚久美子社長にとって4期連続、しかも過去最大の大赤字である。ところが、それでも彼女は、社長を辞めるつもりはサラサラないようで……。

 ***...

記事全文を読む