ポスト「新型コロナ危機」のグローバル戦略「見直し」こそ肝要

国内 政治 Foresight 2020年5月8日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルス危機はまだ終息していないが、ここで、新型コロナとの闘いを「平和の戦争」と定義する。武力を使わなく、イデオロギーの違いをめぐる対立でもないから、熱い戦争および冷戦と区別して、「平和の戦争」と呼ぶことにする。

 今回、アメリカ一国だけで、現時点(5月7日)で感染者約123万人、死者約7万3000人以上の犠牲者が出た。死者数は「9.11」の犠牲者の24倍以上、朝鮮戦争の犠牲者の数をはるかに凌駕する規模である。

 また、ウイルスとの闘いのなかで米中の対立はこれまで以上に激化している。...

記事全文を読む