「COVIDワールド」見据えた日米「女子ゴルフ界」繊細かつ大胆な取り組み 風の向こう側(70)

スポーツ Foresight 2020年5月7日掲載

  • ブックマーク

 米国は新型コロナウイルス感染が世界で最も深刻な状況にありながら、早くも「コロナ後」を見据えた経済や社会の再開、復興を目指す動きが活発化しつつある。

 その動きは米ゴルフ界にも見られ、米男子ツアー(PGA)は「チャールズ・シュワブ・チャレンジ」(6月11~14日)からの再開を目指している。

 このタイミングでの再開が実現したら、おそらくは米国の主要なプロスポーツの中では最速のリスタートになると見られており、ジェイ・モナハン会長は、

「スポーツは人々の心を1つにしてくれる究極の存在。...

記事全文を読む