いち早い「戦時経済対策」すでに「戦後復興」も「仏コロナ対策」の充実度

国内 政治 Foresight 2020年4月9日掲載

  • ブックマーク

 4月7日、安倍晋三首相は「緊急事態宣言」を発令し、同時に史上最大規模となる108兆円規模の「緊急経済対策」も発表した。

 が、規模はともかく、時期については、海外からも「遅すぎる」との批判が出た。

 日本と対照的に、フランスの対応は早かった。

 3月12日、「新型コロナウイルス」禍が始まって初のテレビ演説で、エマニュエル・マクロン仏大統領は「総力戦」を訴えた。

 さらに、外出規制を発表した3月16日のテレビ演説では、

「私たちは戦時下にある。これは保健衛生戦争です。...

記事全文を読む