【ブックハンティング】グローバルな「成長なき時代」をどう理解するか

ビジネス Foresight 2020年3月20日掲載

  • ブックマーク

 本作『国家・企業・通貨』著者の岩村充氏は、日本と世界の金融のあり方を透徹した視点で考察し、そこで練られたアイディアを実践してきた日本人の1人である。

 私が彼の著作に初めて出会ったのは、2000年に公刊された『サイバーエコノミー』(東洋経済新報社)であった。その著作では、すでに非対称暗号の議論を提起し、暗号技術が金融の中核となっていくことが明解に論じられていた。暗号通貨が「流行」してから後に議論を追っかけ始めた私のようなものとは、年季の入り方が違うのである。...

記事全文を読む