「ケイジとケンジ」打ち切りになる前に書き記しておきたいこと(でも打ち切りには猛反対)

エンタメ 芸能 週刊新潮 2020年2月13日号掲載

  • ブックマーク

 もし自分が役者だったら。テレ朝の警察系シリーズものに出たい。「科捜研の女」「相棒」「警視庁・捜査一課長」「特捜9(9係)」あたりの長寿シリーズでレギュラーとなれば、定期収入が得られるから。ブレイクせずとも、黙々とキャラクターの定着に精進できる。川原和久はもはや伊丹さんだし、石井一彰は蒲原君だ。この枠のレギュラー獲得にはどれだけ経験が必要か、熾烈な争いがあるか、想像するだけで、ひれ伏す思い。...

記事全文を読む