フランスではゴーン逃亡を8割支持のナゼ 今後は仏捜査当局がレバノンに身柄引き渡し要求か

国際 2020年1月6日掲載

  • ブックマーク

 12月29日、関西空港からプライベートジェット(PJ)でトルコのイスタンブールへ、そこから別のPJで30日にレバノンのベイルートに入ったとされる日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)。昨年末に起きたまさかのこの“逃亡劇”を世界中のメディアは大きく報じた。そんな中、意外にも冷静だったのがフランス紙である。

 ***...

記事全文を読む