セブン-イレブンが時短営業で注目の店主に契約解除通知 理由は「日本一クレームが多いから」

ビジネス 企業・業界 2019年12月23日掲載

  • ブックマーク

 今年全国で最も有名になったセブン-イレブンといえば、大阪の東大阪南上小阪店だろう。2月、人手不足に悩むオーナー、松本実敏さん(58)が、セブン‐イレブン・ジャパン本部の制止を振り切り、時短営業を開始。これがきっかけとなり、業界の「24時間365日営業」の原則が見直されることになったからだ。ところが、本部は12月20日、松本さんに年末で契約解除すると通告した。いったい、何があったのか。本人に取材した。

 ***...

記事全文を読む