昔の職場に顔を出す困った老人問題を筒井康隆さんが斬る

社会 2019年11月14日掲載

  • ブックマーク

 東京オリンピックのマラソン開催地移転問題で、ニュースであの人を見ながら、身の回りの御老人、先輩を連想した人も結構いるのではないだろうか。

 あの人とはそう、森喜朗元総理である。

 大盛り上がりのラグビーW杯の誘致の功労者ということでちょっとだけ上がったかに見えた株も、この一件でまた急落。もっともらしい顔でいろいろ言っていたものの、「老害」といった感想を述べる人は、ネット上に少なからず存在したのである。

 もっとも、企業でも学校でもうっとうしいOB(あるいはOG)というのは珍しくない。...

記事全文を読む