「北村一輝」が準主役の反日映画が大ヒット ソウルで鑑賞した本誌記者の感想は

芸能 2019年8月30日掲載

  • ブックマーク

 ボイコット・ジャパンに忙しい韓国では反日映画も大ヒット中だ。中でも「鳳梧洞(ポンオドン)戦闘」(ウォン・シンヨン監督)という作品は、韓国併合後に初めて日本軍に勝利した独立軍の話。“極悪”日本軍の将校を北村一輝(50)が演じ、日本でも話題になった。ただ、このポンオドンなる戦い、寡聞にして聞いたことがない……。

 ***...

記事全文を読む