放射線量も上昇「ロシア爆発事故」を引き起こした「秘密兵器」実験

国際Foresight 2019年8月10日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 

 8月8日、ロシア海軍のミサイル実験場で大爆発が起きたという情報がTwitterなどのSNSを中心に拡散された。放射性物質が拡散したのではないかという懸念も囁かれ、不安が広がっている。

 何が起きたのだろうか。

ジェットエンジンの実験中に爆発

 爆発が起きたとされるのはロシア北部のアルハンゲリスク州にあるニョノクサという場所だが、この名前を聞いて「あぁ、あそこか」と見当がつく日本人はほとんどいないだろう。

 ニョノクサは北極圏の白海に面した小さな都市であり、原子力潜水艦の建造拠点として知られるセヴェロドヴィンスクから西に30kmほどの場所にある。...

記事全文を読む