妻も健康にふりまわされている(1) 宮川サトシ【俺は健康にふりまわされている】

俺は健康にふりまわされている週刊新潮 2019年7月11日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今春映画化もされた、自伝エッセイ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』や2019年第22回文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞した『宇宙戦艦ティラミス』(原作)など、今話題の漫画家・宮川サトシさんが、なんと『週刊新潮』で「俺は健康にふりまわされている」を連載中! テーマとなるのはズバリ『健康』! 実は、宮川さんは健康に気遣うどころか、健康にグルングルンふりまわされるほど、健康意識が暴走中。そんな彼が引き起こす様々な出来事を描いています。第10回目は、ファスティングに目覚めた妻に食事をコントロールされるお話。

宮川サトシ(みやがわ・さとし)
1978年生まれ。岐阜県出身。2013年に漫画家デビュー。母を喪った悲しみと再生を描いた『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』。『宇宙戦艦ティラミス』(原作)など話題作多数。一児の父。