西武信金が「チャイニーズドラゴン」に多額融資で金融庁から業務改善命令

企業・業界週刊新潮 2019年6月6日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 東京・中野区に本店を構える西武信用金庫は、預金量2兆416億円を誇る。その西武信金が、5月24日に金融庁から業務改善命令の処分を受けたが、理由の一つは反社会的勢力との関係だった。

 その反社勢力を指定暴力団と報じた新聞もあった。そこで西武信金に聞くと、「暴力団排除条項に該当する反社会的勢力との融資取引はありません」(経営企画部)...

記事全文を読む