平成最大のベストセラー『バカの壁』で養老先生が若者に伝えたかったこと

エンタメ2019年5月4日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 4月6日に放送された人気番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)のテーマ、「平成で売れた実用書 ベストセラーランキング!」の中で1位となったのが、『バカの壁』(養老孟司・著)。番組内で出演者のカズレーザーは「初めて読んで衝撃を受け、何度も読み返している」とかなりの影響を受けていることを語った。
 同番組内で紹介していた養老さんの教えの一つが、「自分の『個性』に価値があると考える人は進歩しない」というもの。
「これが私の個性」「自分は変わる必要はない」という人には進歩がない、というのだ。...

記事全文を読む